So-net無料ブログ作成

空手超バカ一代 [本]

正道会館 石井 和義宗師(元館長)の半生をつづった自伝です。

空手超バカ一代

岸先生を私は哲人と称しましたが、この方は麒麟児が当てはまるかな?

カラテという、ある意味コアな男くさいものを一般化させK-1をスポーツとして認知させた手腕は、空手家以前に起業家的な方と思います。

しかも、この本は出所後に書いたのではなく、入所中に書いた手紙を元にしているのが面白い!一応、出版することに難色を示した様子ですが、お金を稼げなかった服役中の部分をここで少しでも回復してしまうところは天才肌です。

中には、バリバリの空手の指導者当時の写真もあり、とてもいい体つきをしていました。 指導者としても大変すぐれた方だなぁとは、”勝つための空手”の著書にもありますからよく分かりますが、大阪に芦原道場を設立してからの経営者としての手腕はものすごいものがあります。 ここでも、空手道場の革新的なことを行ってます。 今では当たり前の道場の見学や常設道場、シャワー設備などなど。

もちろん、空手バカ一代の波もあったと思われますが、それがなくても十分成功していたと思います。そのことで、芦原先生が変わってしまったり石井宗師の独立につながって行くのですが…

詳細はぜひ手に取って読んでください。

ちょっと、面白いのが彼の弟子・佐竹の自伝と比べると”なんや、結局自分(石井宗師)も師匠(芦原館長)と同じことしてるんや”と思うところです。 ここの部分は反面教師でいてほしかったなぁ。

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

哲人 岸 信行先生のこと [本]

カラテ、特に空手バカ一代の世代にとっての有名人であり、伝説のカラテ家のお一人になります。
多分、伝説と言うのは間違ったこととお叱りを受けそうですが… 郷里の山形県にて毎日鍛練に明け暮れておられますので。  
岸先生は特に実戦においての話題にことかかないです。
そして、心の部分が特に強い空手家でないでしょうか? 残念ながらお会いしたこともありませんので、直接知る方からのお話を聞いたりといった形での判断です。
が、今回の本で岸先生の多くのことが学ばれると思います。
ただの空手家の岸先生ではなく、求道者として、また失われた高潔な日本人としての矜持を維持されていると感じます。
幕末に来日した欧米人が、日本人ほど誇り高い民族をアジアでみたことはないと評価していたと思います。この誇り高さがアジアで唯一欧米人に蹂躙されなかった証拠でしょう。
残念ながらこれは、先の大戦での敗戦から奈落の底へ落ち、ついでに多くの人が失ったと思います。
私もその1人なので、この岸先生の誇りの高さ、まっすぐな生き方が素晴らしく感じます。
岸先生は、幕末三舟の中で山岡鐡舟の様な方ではないかと思います。
ちなみに岸先生は高橋泥舟が好きだそうです。(笑)
  

タグ:岸信行
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

百戦百勝 [本]

今回の出張で読んだ、城山三郎著”百戦百勝”

春豆社長の立志伝。 モデルは旧山種証券の創業者だそうです。

そこに出てくる、彼の祖父の文句”働き1両、考え5両”を実践していきます。 丁稚奉公のころから、ひたすら耳で学んで考えて実践し小銭を稼いで、それを元手に大きく稼ぐ。 また、結婚した奥様がご令嬢。 その奥様のおかげで益々お金を稼ぎます。 ある程度稼ぐと、今度は3分の利で、絶対に負けない勝負をしていきます。 このところなどは、投資で一番マネするべきところと思いました。 でも、あと1日、いやたったの数時間の違いで破産しそうになるところに天運もあったのだと思います。 

また、同じ年ごろの大阪出身のお安さんがいいアドバイス役となり、お互いが切磋琢磨して稼ぎまくる。 最初はいい感じの2人ですが、将来奥さんになる女性の登場で友人でずっと付き合うことになります。 でも、お安はきっと一緒になりたかったのでしょう。 

痛快なストーリーで一気に読みきってしまいました。 とくに投資に興味のある方は、きっと楽しく読めますし、またちょっとしたお勉強にもなります。 

この次は、価格破壊いこか!


タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国家の罠 [本]

ヨーロッパに移動中にタイトルの小説”国家の罠”を読みました。

 

小泉政権下においての某外務大臣と北海道出身の代議士、そして舞台となった外務省のごたごたを国策捜査によって訴えられた外務省職員(現在休職中)の著者の本です。

こういう本は、専門用語たっぷりで予備知識が無ければ理解の難しい事が多いはずなのですが、著者の分かりやすく砕いた文面によって簡単に理解でき飛行機に乗っている間に読めました。

結局は、国(もしくは一部の権力者?)の方針によって粛清?をするために犯罪を作り出して議員をつるし上げるという、国家権力による浄化が狙いなんだというのがこの事件の結論です。 また、強いものが弱い立場のものを裁く茶番でしかないです。 まるで極東裁判のような勝者が敗者を裁く方法となんら変りがないと思いました。

 しかし、有能な人材だということも分かっているので完全には潰してしまわないという方針もまた面白いです。まぁ、相手が真っ黒だったら徹底的にやられるのでしょうが、黒いところは限りなく少なく真っ白ではなかっただけなんですね。でも真っ白でも埃を見つけ出して犯罪にしてしまうわけだが。 

この事件はもう、6年くらいも前の事になりますがTVなどの報道による洗脳で私もかの代議士を悪者の方で考えていたことは、やっぱり私も一般人と思います。 この事件当事者からの視点とやってきた仕事を見る上で180度考えを改めさせられます。 実際に辞めさせられた元外務大臣の会見のときは、彼女をヒロインとして見てきた事について自分が情けなくなります。 今でこそ、わけのわからないを言ってTVに映って、変人振りが目に付きますが、確かにファンタジスタ(この本によるとお騒がせ屋)だなぁ、この女代議士は!

こういったことを踏まえて報道の一方的な情報は完全な情報操作であると思います。 気をつけるといっても中々、凡人には難しいところです。 きっとこれからも一方的に報道を信じてしまうのだろうな。

この本のすごいところは、検察との事情聴取のやり取りですね。被疑者も情報を扱うプロなので相手の検察の裏を読みお互いの鎬を削るやり取りは、鬼気迫る臨場感がありました。 普通の民間人があんな聴取を受けたら一発でKOでしょうな。

この本、インテリジェンス(情報収集)や会話のやり取りの お勉強になりますよー。


タグ: 国家の罠
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。